◆保科鍼灸院の主な治療方法

一言に腰痛や肩こりといっても患者様それぞれ、その原因は違います。

当院では、中医学と現代医学的鍼灸に基づき、その原因をしっかり判断し、それぞれに合わせた治療を提供します。

  • 中医学に基づき問診・脈診・舌診・腹診・触診を行い身体の反応から疾病の信号を収集し、病変の部位・原因・性質など、今身体がどんな状態にあるのかを判断し、どの経穴(ツボ)にどのような刺激を与えて治療するかを決めます。
  • 身体の状態に合わせて、最初に刺激する治療穴を2,3穴決め、その治療穴に浅い鍼をすることで全身を調整し、自律神経のバランスを整え、その後の治療効果を高めます。
  • 現代医学的にどの筋肉・神経に障害があるのか判断し、その部分に直接鍼や灸をすることで痛みの緩和、筋緊張の緩和、血流改善を行います。
  • 痛みや症状が出ているところから離れた部分にも鍼をし、脳内にある疼痛抑制システムを活性化させ痛みを抑制します。
  • 冷えやむくみなどが強い方には灸治療を多く行い、血流改善、水分代謝の改善を行います。
  • 交感神経の刺激による痛みの緩和だけでなく、副交感神経も刺激することでリバウンドの予防、より長く鍼灸治療の効果を持続させます。

◆治療に使用する主な道具

鍼(はり)イメージ画像

鍼(はり)

直径0.12ミリ~0.25ミリの髪の毛ほどの細い鍼を使用するので、痛みはほとんどありません。

鍼を刺す場所や目的によって使い分けます。鍼はすべて使い捨てなので感染の心配はございません。

初めての方や不安が強い方、刺激量を少なくする必要がある方へは鍼を刺さない治療も行います。

灸(きゅう)イメージ画像

灸(きゅう)

もぐさを米粒の半分くらいにひねり行います。一瞬チクッと熱くなりますが直接皮膚の上で焼くのではなく、灸点紙という紙の上で焼くので火傷の可能性は低いです。但し、熱さをずっと我慢していると火傷になることもあるので、その時は我慢せずすぐにお伝えください。
※当院では簡易灸は使用せず、鍼灸師のみができる本格的な灸を行っております。

灸頭鍼(きゅうとうしん)

鍼の頭に灸をつけて温めます。冷えが強い場合は鍼による刺激と灸による温めを同時に行います。

輻射熱がほとんどで、伝道熱はごくわずかなため火傷の心配はありません。

輻射熱でお身体をじんわりと温めていきます。 



▼以下のページで受診時の流れや注意事項を紹介しております。

▼以下のページで鍼灸治療により改善が期待できる主な症状を紹介しております。